まるで花束のような野菜が沢山届きました。
あまりの可愛さに、段ボールごと抱きしめるわたし。

この時期は、葉物野菜がどんどん花を咲かせます。
4月下旬になると、木の花ー柚子や山椒が先始め、
5月中頃には、実を結び
梅や実山椒がやってきます。

野菜ー植物がすくすくと育つ様子に心躍る、
ほんとうに大好きな季節に、
毎日にやにやしております。

今週は花畑のような献立になる予定!

4月29日(日)平常通り営業いたします。


スナップえんどうは
素晴らしく甘く、味濃く、
ルッコラは
きゅっとするほどぴりりとし、
その花は
可憐。

キッチンで盛り付けた後、
「さぁ、いってらっしゃい!」と、
お客様のもとへ送り出すとき、
びしっと背筋が伸びる思いです。

春は初々しく、清々しく、可憐です。

毎週日曜日、月曜日は定休日ですが、
4月29日(日)は営業いたします。
ぜひお問合せください。

2018年4月 料理教室のご案内

初夏のような気持ちがよい天気が続いております。
東大校内は、それはもう、美しい桜・桜・桜で、
キッチン脇の窓から眺めては、ほ~っ・・・と、
愛でております。
さて、4月の教室の日程をお知らせいたします。
【献立】
 
春の豆料理
夏~秋にかけて収穫された豆類を乾燥し、冬に新ものとして出回りますが、
春にはフレッシュな豆類が登場します。
今回は、そら豆・グリーンピース・絹さや・スナップえんどうなど
春の豆類を中心にした料理4品をご提案いたします。
春の豆の、初々しい甘味。
楽しんでいただけたら嬉しいです。
【日時】
①4月22日(日)10時~12時半ごろまで  キャンセル待ちとなります
②4月22日(日)14時~16時半ごろまで キャンセル待ちとなります
③4月22日(日)18時~20時半ごろまで キャンセル待ちとなります
④4月25日(水)11時~13時半ごろまで キャンセル待ちとなります
⑤4月25日(水)15時~17時半ごろまで キャンセル待ちとなります
 
  *各会、4名様以上での開催となります。
  *デモ・試食で約2時間ほどです。
   プラス30分は予備のお時間なので、お急ぎの方はご都合に合わせて
    御帰り頂いて、もちろん結構です。
  *10分前からご入店いただけます。
【会費】
6480円(税込み)
*お釣りせんのないよう、ご用意いただけると助かります。
*食中にお飲み物、食後にデザートをご用意いたします(会費に含まれます)
【お持物】
筆記用具
お持ち帰りの方は容器をご持参ください
【申し込み開始】
 
4月10日(火)21時より開始いたします。
こちらのメールnanakusakuromame@gmail.com
にて受け付けます。
①お名前
②お電話番号
③第一希望・第二希望
をお書き添えください。
**3日以内に必ず返信いたします。
  よろしくお願いいたします。
【4月10日(火)21時以前の申込みについて】
 
以前まで、申し込み日時より前に申し込み頂いた場合、
返信をし、日時を再度お知らせして参りました。
大変申し訳ございませんが、今後は申し込み日時以降に
お問合せいただいた方々のみ、返信をさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。
 ・
 
皆さまのご参加、心よりお待ちしております!



春の野菜、始まりました。

少し甘味を含ませた出汁で炊いた、蕗・うるい・わらび。
なんとも言えない春の色と香りに
顔がほころび、少し元気になる気がします。

蕗・うるいはアク抜きは必要がありませんが、
わらびはアク抜きが必要です。
自宅でアク抜きをするならば、重曹を使うと手軽にできます。

たまに、わらびの表面がずるずるっとなってしまった・・というお話しを聞きますが、
そのほとんどは重曹が入ったお湯でわらびを煮たからだと思います。
わらびに重曹をふりかけ、沸いたお湯をたっぷりかけるか、
沸いたお湯の火を止めて重曹とわらびをいれるか
(どちらも同じことです)
そのまま一晩おき、水にさらせばアク抜きは終了です。

重曹をたくさん入れると、わらびは真みどりになります。
もともとみどり色のわらびもあるのですが、
重曹でみどりになったわらびは、自然の色とはちょっと異なり、ちょっと人工的な色に上がります。

わらびは煮たり、お浸しにしておいしいですが、
たたきわらびもおいしいです。

わらびの根元の硬い部分は取り除き、
包丁でざくざく大まかに切って、すりこぎなどで叩くと、
ねばねばとして、
しょうゆとかつお節を加えて、温かいごはんにかけて食べると最高においしいです。
ほんとうに素朴な味ですが、
わらびを自分でアク抜きして本当によかった!と
思える味です。

まだ先ですが、関東ですと4月半ばぐらいから店先にわらびが束になって
並び始めます。
今年の春は、是非、わらびを。

うまくあく抜きできない、どんなわらびがいいの?
この場合、どうするといいの?などあれば
いつでも気軽に店内でお声がけくださいね。
わらびおいしいね!という方が、沢山になりますように!

花わさび


まだ寒い日が続きますが、
春の食材が出てきています。

花わさびの、つんとはなに通る辛味と爽やかさを引き出すには、
火を通す温度、寝かせ方にコツがあります。

2月3月の教室では、
花わさびをの下ごしらえのコツをお伝えし、
自家製のわさび漬け、しょうゆ漬けを作ります。

市販品もよいですが、
自家製すると、わさび漬け・しょうゆ漬けのおいしさが、
ひしひしとわかります。
しみじみおいしいです。

2018年2月 料理教室のご案内

寒い日が続いております。
毎日、カイロのお世話になりながら、
水仕事立ち仕事にいそしんでおります。

閉店後にガスヒーターのむきをかえ、
スタッフ全員の上着やコートに温かい風を当てる、という
工夫をしている
スタッフを愛おしく思う日々です。
袖を通したコートがもふもふ温かいです。

2月の教室の日程が決まりましたのでお知らせいたします。


【七草料理教室】
七草の料理教室は、店内でご提供するお料理をそのままご提案するというより、
和食をベースにしながら、ハーブやスパイスを加えたり、
ベーシックな和の調味料を使い、ちょっと洋風な料理を提案したり、という内容です。
もちろん、お出しをひいたり、寿司酢や練り味噌を作ったり、という和食の基本もいたします。
野菜や乾物、和食がもっと身近になったり、
調味料の使い方をちょっと工夫すると、違う味わいの新しい料理になったり、と、
皆さまの日常の料理にお役にたてたらいいな、という献立となります。



【日時】満席となりました。ありがとうございました
①2月17日(土)11時~13時30分頃まで
②2月22日(木)11時~13時30分頃まで
②2月22日(木)15時~17時30分頃まで
④2月22日(木)19時~21時半頃まで
⑤3月3日(土)11時~13時30分頃まで

 


聖護院大根
下仁田ねぎ

冬の炊きものは、
しみじみします。

今年もよろしくお願いいたします。


1月7日(日)は、七草粥の会を開きました。

この日は、五節句の一つ人日の節句でもあり、
1年の無病息災を祈願し、七草粥を頂く日、
そして、七草の店名でもあり
とても大切にしている日でもあります。

昨年は、店舗がなく休業中だったため、
西荻窪の364さんにて、
ご来店の方々に七草粥を振舞わせて頂きました。

今年は、無事にお店も再開し、
七草粥の会を開くことができました。
ご参加・お問合せいただいた皆様、ありがとうございました。
皆さまに、新年のご挨拶もでき、
とてもよい一日となりました。

平常営業の献立の構成とは、少し異なる形でお食事をご用意させて頂きました。
写真は前菜とお椀。
いつも作ること、温かいうちにお客様のお席に届ける!今すぐに!に必死すぎて、
中々ご用意した料理の写真を撮るタイミングを逃します。
今回は、
肝心の七草粥の写真を撮りそこねてしまいました・・・。

移転後、
昨年10月の「詩と料理の夕べ」を十五夜に開催したことをスタートに、
少しずつですが、皆さまにお集まりいただくイベントも開催し始めました。
歳時記にちなんだ食事会を、また開催したいと思います。

今年も、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年1月7日 「七草粥の会」のご案内

新年のお食事会のご案内です

1月7日は七草の日。
ご節句のひとつ、人日の日です。
そして、七草の店名の由来となった大切な日です。

来年1月7日は日曜日、
多くの方々に七草粥を召し上がって頂きたく、
七草粥の会を開催いたします。

平常の営業と異なり、テーブル席をつなげて、
ご参加の方々皆さまご一緒にお食事を楽しんでいただきたいと思います。
お一人様でもお気軽にご参加ください。

満席となりました。お問合せいただき、誠にありがとうございます

 

 

七草の黒豆煮予約販売のお知らせ

 

12月も半ばを過ぎました。
新年まであと10日ちょっと・・で、遅くなりましたが、
黒豆煮の予約販売のお知らせです。

新年に七草の黒豆煮をお召し上がりいただけたら、
嬉しく思います。

完売となりました。お問合せいただき誠にありがとうございます

 

Next