柿の葉茶



現在、干しやさいに奮闘中です。

昨年の春、ご近所に住む常連さんの庭には柿の木があるときき、
柿の葉寿司を作りたいとお話したら、
「お~、いいねぇ。柿の葉持ってきてあげるよ」と。
初夏のある土曜日、青くて柔らかな葉がたっぷりとある枝を
数本頂きました。

早々に葉を掃除して、寿司飯をつくり、
魚をしめて(鰺でした)・・・と、柿の葉寿司を作りました。

さて、お寿司にはちょっと大きすぎたり、小さ過ぎる葉が手元に残り、
せっかくなのに、捨てるなんてもったいないし、
さて・・・、どうしよう?

干しちゃうか?お茶できるかもー。

見事にできました!自家製の柿の葉茶。
からからになるまで、4-5日干し、
飲む前に鍋で乾煎りして煮出します。
何とも言えぬいい香りです。

頂いた方には、
柿の葉寿司とともに、
干した茶葉と、煮出したお茶をお届けしました。

茶葉は今も保存できています(一番手前)。
飲む直前に乾煎りします。

お茶つくりは個人的にテンションがあがります。
びわの葉、どくだみなどなど。
作りたいのは「クマ笹」。
実家近くの道路沿いの奥の藪に先日発見したのです(ふふふ・・)

野菜以外にも、干し甲斐のあるアイテムはたくさん!

柿の葉、今年もねだろう~!