梶の葉


のど越しの良いもの、ツルっとヒヤッとしたお料理が、
よりおいしく感じる季節となりました。

梶の葉のした、見え隠れするのは、
茄子のムース、煮茄子、おくら、くみゆば、ジュンサイなどに、
おだしのジュレを添えたお料理です。

この葉っぱ、梶の葉ってなんですか?と聞かれることが多いです。


*********************************
【日めくり七十二候・・・著者白井明大氏 より引用】

短冊に願いをかける七夕のならわしは、
かつては梶の葉の裏に、墨で歌をしたためたといいます。
梶の葉の裏には産毛が生えていて、
墨を弾かず、筆でかくことができたからです。

平安の昔、宮中の男女の恋は、
たがいに歌を贈り合うやりとりからはじまりました。
書が上手なことも、歌の感性が優れていることも、
恋が成就し、ひいては良縁にも恵まれるために必要な才でした。
それを磨くことは、いまでいう婚活。
七夕の行事には、書や歌の上達を求め、
星に願う真剣さがこもっていました
*******************************・


実は梶の葉、よくよく外を見回せば、
あちこちにわさわさと茂っているのです。
これから、さらに勢いを増し枝葉を伸ばしていきます。
この時代、もはや雑草的な存在かもしれませんが、
この梶の葉が持つエピソードを知ると、
なんとも情緒があり、愛おしくも感じるようになるかもしれません。

このような山野草が、
七草の料理への気持ちをいつも後押ししてくれます。
ご来店頂いた皆様と、
日本の季節や情緒を共に楽しめたらないいな、
と思います。