2019年6月号 ミセス「初夏から夏の保存食作り」


/

保存食作りの季節、
いつ、何をつくるか??スケジュールを立てている方々も
多いと思います。
私も今日、保存瓶を買いました。


ミセスで「梅みそ」をご紹介しています。

梅みそ、というと、
砂糖やみりんを加えた甘いレシピが多いかな?という気がします。
私が作る梅みそは、梅と味噌のみを合わせ、
7~10日ほど置いて発酵させる、すっきりしたタイプの梅みそです。
甘くないから、汎用性もあり様々な料理に使えます。
甘味が欲しいときは、砂糖やみりん、はちみつを必要なだけ
加えればよいのです。

みそに梅干しをまぜれば、あっという間に梅みそはできるではないか?とも思えますが、
いえ、これがまた別のものになるのです。不思議です。


3日目あたりから、ぷくぷくと発酵し始める梅みそを日々育てていくのは、
なんとも楽しいです。
青梅でも、黄梅でもどちらでも作れます。

私の一番のおすすめ、シンプルレシピは、
梅味噌の冷たい味噌汁。
お出汁に梅みそを溶き、薄切りのきゅうりや、手でくずした豆腐、しそやみようが・・を
加えて出来上がり。
レシピとは言えない一品ですが、このすっきりとしたおいしいさは、
大事に育てた梅みそだからこそ、のみそ汁です。

他、ソース、ドレッシング、煮物、漬物、蒸し焼き・・と、
展開レシピを掲載しております。

皆さまの毎年の梅仕事に仲間入りできたらとても嬉しいです。
七草スタッフたちも、自家用に作る!と張り切っています。
是非、今年の初夏は、甘くない梅みそをおつくりください!

作り方に質問があれば、インスタグラムnanakusatokyoの、
梅味噌がアップロードされている箇所に、
コメントください。
ご質問にお答えいたします。