重陽の節句



9月9日は重陽の節句でした。
奇数(=陽)の最大数9が重なるので、「重陽」、
旧暦10月ころの季節に咲き誇る菊にもちなんだ節句です。

9日は、ご来店いただいたお客さま全員に、
ほんの少量でありますが、菊酒をふるまいました。
辻和美さんのデキャンタに。
漂う菊花びらがきれい。
数時間このままにしておくと、菊のほろ苦さが日本酒に移ります。


入り口には菊の花を。

人日(1月7日)・上巳(3月3日)・端午(5月5日)・七夕(7月7日)、
そして重陽。
今年も五節句全てが終わりました。

今年最初の七草の節句は、普段と異なるお料理を用意し、
年明けからその準備であわあわ、
当日の仕込も営業もあわあわ、
無事に終わって、ふぅ~っっ、でした。

「今年の節句がすべて終わったなぁ・・」と、
重陽の節句が終わると、毎年ちょっとしみじみとします。
(個人的に、歳時記的に年末感。はやっ。)

次に控えるは
12日の「十五夜」です。
今年は早いですね。
個人的には重陽の余韻を楽しみたいのに、
「えっ?もうお月見なの?」です。

お天気はよいみたいですよ。
夜空を仰いでみてください。
片見月にならぬよう、十三夜も忘れずに。
今年は10月9日です。