2017年9月の掲載誌③ Ku:nel11月号


Ku:nel 11月号

七草をご紹介いただいております。
是非ごらんください。



島田順子さん、本当にかっこいいですね!

2017年9月の掲載誌②HERS10月号






HERS 10月号
「皿の上だけでは語れない美味しい話」

この数年、雑誌撮影は料理レシピをご提案することが多かったのですが、
最近はお店の取材も増えた気がします。
だいたいは、レストラン情報として普段ご用意している料理を
写真に撮って頂き、
住所や営業日、営業時間などが掲載されているのですが、
移転をきっかけに(たぶん)
料理について思うこと、七草について考えることなど、
今まではあまり聞かれることがなかったこと、
お話しすることもなかったことが、掲載される機会を頂いています。

今回「HERS」の掲載は、
七草を開店した15年まえからずっと私が大切にしていること、
を取材して頂きました。
ずっと変わらずに心に思うことですが、
なぜか、今まで聞かれることがなかったので、
お話しする機会もないまま、月日が経ちました。

とても簡潔に、わかりやすく書いていただいています。

是非ごらんください。

2017年9月の掲載誌①料理通信10月号

料理通信10月号

「麺レシピ」
麺・汁・具の3パーツで探求する!

麺好きの皆さま、朗報です!
今月の料理通信は麺特集。
ありとあらゆる麺を取材し、レシピ付きです。
巻頭は、ウーウェン先生も登場です。

七草は、伝統麺の

●奈良県の石州麺
●長崎の船崎うどん
●三重県の大矢知うどん

を手にとり、それぞれの麺の特徴にあわせて、
麺料理をつくりました。

いずれの麺も、しっかりと個性があって、
とてもおいしい麺でした。

是非、ごらんください。

2017年6月の掲載誌③料理通信7月号

300_magazine201707

私の一汁一菜

様々な方の普段の「一汁一菜」が掲載されています。

七草は、まかない編・自宅編と二つの献立を。

店のまかないは、短い時間でちゃちゃっとなので、
実は、あまり汁物は食べません。
熱くて食べるのに時間がかかったりもしますし、
さらには、汁物はほぼほぼ両手を使うので。
テーブルについて、スタッフともども「いただきます」をして食べられたらいいのですが、
中々そういうわけにもいかず・・です。

自宅編は、日々の食事との付き合い方がよく表れているなと思います。

他の方々の一汁一菜、日常の食を考えるのに、
とても参考になると思います。

是非ごらんください。
いい読み物です。

2017年6月の掲載誌②ミセス7月号

ƒ~ƒZƒX7ŒŽ†•Ž†A2

レストラン紹介ページにちょこっと掲載されております。
是非ごらんください。

2017年6月の掲載誌①婦人画報7月号

8-112_width308

「WASHOKU」

別冊付録
コース1万円以下でおいしい「婦人画報」が選んだ東京の和食29

七草が掲載されています。
お料理は春の料理ですが、七草の料理がよくわかると思います。
是非ごらんください。

2017年5月の掲載誌② &premium7月号

51fFsyk4V-L

七草の移転、新しい場所の話が
ちょこっと掲載されています。
是非ごらんください。

2017年4月の掲載誌①

IMG_0977 (002)

FRaU 5号
シンプルフードの時代

おまかせ献立の一部が掲載されています。
(料理は3月頭の献立です)

写真のすり流しは
小松菜・葉たまねぎ。

今はレタスと新たまねぎ
来週はにんじんと新たまねぎの予定です。

これからちょこちょこと、七草が雑誌に紹介される予定です。

七草の料理は以前と変わらず、
季節の野菜・乾物を主にした和食をご用意しています。
色々と考えていることを、
少しずつ、ちょっとずつですが、
形にしていきたいです。

料理を作るとき、いつも思うことがあります。
言葉にせずとも、お食事いただいている皆様に
伝えられるよう、料理をしていきたいと思います。

2017年3月の掲載誌①「七緒」2017年春号

160418s01_021160418s01_178

七緒和食部
「七草ごちそう暦」

連載11回目は

そら豆事始め

そら豆料理3品ご紹介しております。
是非ご覧ください。

次回、夏号は最終回です。

とても、がさがさの手で・・。
冬は手が荒れ、そこに野菜のアクなどがしみこみ・・の繰り返し。
柔らかな女性の手とは真逆の、皮の厚いごつごつとした手に。
恥ずかしいな・・と、外出先では手を隠してしまいますが、
毎日毎日よく働くこの手を大事にしようと思います。

2016年12月の掲載誌②七緒「七草ごちそう暦」

nanaokaki2

2016年七緒 冬号

連載「七草ごちそう暦」
今回は、ぶりぶりに美味しくなっている

「牡蠣」

●牡蠣の土鍋ごはん
●牡蠣のオイル漬け
●牡蠣のチヂミ

ご紹介しております。

牡蠣ごはんの牡蠣をぷりっとしあげるには、
さっと火を通した牡蠣を、ご飯炊き上がりの「蒸らし」のタイミングに加えましょう。
もちろん、ご飯を炊く出汁は、火を通した牡蠣からでたうま味も加えています。
ごはんにコクをだそうかな?と、調味料にオイスターソースを隠し味程度に使っています。

掲載レシピは、切った三つ葉とちぎったのりを添えて、とありますが、
オイスターソースや醤油味をやや強くして、刻んだパクチーを好きなだけ添えて食べるのも、
お気にいりです。自由にアレンジしてください。

炊飯器で炊くときときは、炊き上がったらご飯をほぐして牡蠣を投入。
(もちろん牡蠣はレシピ通りに火を通しておいてください)
牡蠣をごはんで温める程度に3分ほど置いてから食べればいい、と思います。
気楽にいきましょう。

御覧いただければ幸いです。

次回春号は「そらまめ」です

Next