「詩と料理の夕べー 十三夜」 のご案内

昨年、「詩と料理の夕べ」を旧暦八月満月の日に
催しました。
たくさんの方々にご参加いただきありがとうございました。
今年も、詩人の白井明大さんをお招きし、
10月21日(日)十三夜の夜に、
開催いたします。

十三夜の月見をするのは、
日本独特のならわしともいわれているようです。
平安時代に宮中で行ったのがはじまり、とも、
遊女が恋人と逢瀬の約束をしたのが由来、とも
説はさまざまです。
それゆえ、十五夜ほどオフィシャルな感じがせず、
風習として、どこかゆらぎのある印象を受けます。

十五夜が芋名月という別名を持つように、
十三夜にも、
栗名月、豆名月といった別名があって、
長く親しまれてきたことが、呼び名からもつたわってきます。

月が落ちるよりやや手前、少し欠けた十三夜の月に
美を見出すのは、
満月=豊穣という捉え方だけではない、
人の心の襞といいますか、秋の楽しみとしてもあり、
十三夜というのはふしぎです。

月にまつわるしの詩のリーディングなどもしつつ、
十三夜のふしぎさをそのまま味わえるような
そんなひとときを友にさせていただけたら幸いです。

***************************************
「詩と料理の夕べ」

【日時】
2018年10月21日(日)
17時30分開場:
18時より  :白井明大さんの旧暦や季節にまつわるお話と詩のリーディング
18時30分より ;お食事

【会場】
七草
渋谷区富ヶ谷2-22-5
03-3460-7793

【参加費】
お一人様 7000円

旬のごはんやお酒、お飲み物をご用意いたします。
当日は立食となります。
(椅子は5~6脚ほどご用意がございます。お譲り合いのうえ、ご利用ください)

:

参加費は、当日受付時にお支払いください。
クレジットカートはご使用できませんのでご注意ください。

【お申込み方法】
nanakusa0831@gmail.com
まで、メールにてお申込みください。

①お名前様
②参加人数
③お電話番号(当日ご連絡可能な番号)

をお書き添えください。

3日以内には返信いたします。

【お申込みの際、ご一読ください】
お申込みいただいた方のセキュリティやメールアドレスの設定によっては、
こちらからの返信を受信できない場合が稀にございます。
3日以内に返信がない場合は、お手数ですが返信が届いていないことを
メールにてお知らせください。
七草よりお電話にてお返事させていただきます。


******************************************************************************

白井明大(詩人)

詩作とともに、旧暦や季節にまつわるエッセイを執筆。

著書に詩集『生きようと生きるほうへ』(丸山豊記念現代詩賞)、

『日本の七十二候を楽しむ』『旧暦と暮らす沖縄』など。

白井商店として毎年「歌こころカレンダー」を制作。

http://mumeisyousetu.com
********************************************************************************

皆さまと楽しいひと時をご一緒できること、
楽しみにしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

七草 前沢リカ
   大島詩織

季節仕事


ぷちぷち
ぷちぷち

皆さま、ぷちぷちしてますか?

6月に入ると、中が黒く、かたい実山椒もちらほらみかけるように。
今はまだ中が白くやわらかです。
七草は茹でこぼしてから冷凍保存します。
塩味も、しょうゆ味も入っていないので、
煮物にぽいっ、炒め物にぽいっ、漬物にぽいっ、
と、思い立ったらすぐに使えます。

来る夏、みずみずしいきゅうりが手にはいったら、
きゅうりを一干しして、
きゅうりと実山椒のピクルスなんてどうでしょう?
きゅっとすっぱくて、ぴりっと爽やかなピクルスです。

『七十二候をめぐる、花しつらい、食こよみ。』第四回 立春〜春を迎える

七十二候に基づいた、このイベントも4回目となりました。

開催のお日にちは
2月4日(土曜日)です。

ご参加のお申し込み・詳細は
364のHPをご覧ください。
http://www.sanrokuyon.com/

今回のゲストは
日本伝統文化研究家の長田なお先生です。
(私の折形の先生でもあります)
暦や七十二候についてお話しを伺います。

暦・七十二候のお話しを伺うと、
ごく当たり前にしている行事や、毎年繰り返し訪れる季節の節目や言葉などは、
それぞれの物語があり、改めて古来からの営みが私たちに暮しの中に生きていることが
わかります。

2月3日の節分にはなぜ豆をまくのでしょう?
なぜ鬼を払うのでしょう?
2月4日の立春とはそもそもなんなのでしょう?

そのようなお話しからはじまり、どんどんお話しは広まっていくのかな?と
私は楽しみでなりません。
私たちの当たり前の日常に
「またまだこんなに知らない事があった!」
「これとあれが、繋がっていたの?」
「そういうことだったのか!」と、
驚いたり、腑に落ちたり。楽しいお話しが展開されることでしょう。

フラワースタイリスト・平井かずみさんのワークショップは、
枝物と春のお花を中心に行われるようです。
平井かずみさんによって、美しく彩られた364店内も必見です。

七草は、春の芽吹きを白みそ仕立てのお鍋にて、ご用意する予定です。
旬の野菜や、おいしいお鍋の話などしながら、
364スタッフと私が、皆さまのお席でお鍋を仕立て、おとりわけいたします。

ご参加、心よりお待ちしております。

 

七草粥 at 364

img_0567-002

あけましておめでとうございます。

1月7日(土)
西荻窪364にて、
七草粥をふるまいます。 

皆さまの無病息災を思い、ほんの2口3口程度ですが、
ご来店の皆さまにご用意させていただき、
新年のご挨拶ができたら嬉しく思います。

364には、季節のジャムや、おいしい食材のほか、
あると嬉しい暮しの道具、食事を一層おいしく引き立てる器など、
素敵なものが並びます。

是非お越しください。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    
  

img_0599-002

黒豆を炊くと、年の瀬を実感します。

今年は下北沢の閉店もあり、
慌ただしい一年でした。
新しい店舗で、皆さまにお目にかかれることを心待ちにしながら、
新しい一年を迎えたいと思います。

今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

夏めく

kago

今年の夏は早いらしい。
白い懐敷、笹に籠。
涼をお届けしたい。
もうすぐ七夕ですね。

七草の「黒豆煮」「柚子巻大根」の年末販売

昨年に引き続き、
今年も黒豆煮と柚子巻大根を予約販売いたします。

お渡しは、
12月29日(火)12時~22時
12月30日(水)12時~17時
となります。

どうぞよろしくお願いいたします。

hearb

海老原ファームさんからハーブティーのセット。

朝のデスクワークのお供。
爽やかに仕事がはかどる。

hamaguri2fukinabanawarabi3

はぁ~、美し。
しびれます。
ぷるぷる。

okazu

さくらがほぼ満開ですねー。
きれいだ、嬉しい、春だ、ちらし寿司だ!
の、七草です。

先週日曜日より、ちらし寿司はじまりました。
お供のおかずは、こんな感じに。
玉子焼き・揚げ物(たらのめ・こしあぶら)・たけのこ・ほたるいか・鴨ロース・蕗のとう白和え
です。
3種の予定でしたが、詰めてみたら一種の量がとっても多すぎて、
ほどよい量にしたら、おかずの種類が増えました。
(もっと、計画的に献立を考えます。すみません)

4日はすでにご予約分で完売です。
5日(日)は、「みどりのちらし寿司」をあと2つほどなら、
がんばって作れそうです。
どうぞご連絡くださいませ。

「桜の花」の塩漬けをお買い上げの方に渡しています。
お湯を注いで、さくら茶でおめし上がりください。

Next