土用干し


と、いっても、私が梅干しを干しているのではありません。

先日、日光へ行ったとき、
古民家を利用したとても素敵でおいしい御蕎麦屋さんの
店先に干してありました。

たっぷりと日ざしを浴びて、
いい具合にしわっとしていて、
ふわーっと酸っぱい香りが漂っていました。

夏ですねえ。

trip-2

Trip1


久しぶりに、休暇を頂きました。
ありがとうございました。

冷水と朴の木


一杯で10年・二杯で20年若返る、という冷水を飲みました。
500mlのペットボトル一本分です。おいしいお水でした。
ありがとう冷水。頼れる冷水!いいぞ、冷水!
(余談ですが、冷水さんという、すてきな料理家さんがいらっしゃいますね)

その道中、青葉が生い茂っているのですが、
その中には「朴ノ木」がたくさんありました。
大きな葉が一枝に5枚6枚と広がり、
もうすぐ咲きそうな大きな花のつぼみが!
大山れんげに似た、白くて大きな美しい花が
これから咲くのでしょう。

現在、お料理に朴葉を使っているのですが、
葉のサイズが大きすぎたり、小さ過ぎたりで、
いい塩梅のものが日によっては入手できなかったり、
ちょっとどきどきするお値段だったりします。

「こんなに朴葉がとり放題!」と、こちらにも大興奮。
と、いっても山の途中の車中のため、降りることもできずでした。

紅葉も銀杏も椿の葉も、
買わずとも身内で調達できるのですが、
朴葉はないのです。
庭を持ったときには、朴の木を植えようと思います。