藤塚光男さん 染付器展



先日、荻窪のギャラリー「嘉土」さんで開催中の
藤塚光男さんの展覧会へ行きました。

藤塚さんは、京都・亀岡の作家さん。
白磁の器に染付、しのぎなどを施されます。
今回の染付展も、すてきでした。

藤塚さんの器を見て、手にして感じることは、
白磁の持ち味である、すーっとした端正さ。
と同時に相反するかもしれない、
柔らかさと温度感。
硬質な素材で、ぶれのないきっちりとした線を
出されているにもかかわらず、です。

染付もまたしかり。
濃淡の具合や、筆の
「てん・てん・てん・・・」  や、
「すい~っ・すい~っ・すい~っ・・・」 の感じ、
(うまく言葉にできない時は、オノマトペに頼るが一番)
きっと、藤塚さんが絵付けをされているときは、
一定の深い呼吸をされているんじゃないかなぁ、と
想像してしまうほど、力みないおおらかさを感じます。

染付というと、「和」のイメージが先行してしまうかも
しれませんが、使い方でさまざまな表情が楽しめる器だと思います。

たとえば、果物。
みかんをきれいに積み上げたら、
想像とおりの和の表情な気がしますが、
紫のぶどうと緑色のぶどうをふさふさっとおいたら
まったく異なる表情をみせるはずです。
染付の青・ぶどうの紫と緑がとてもきれい。

たとえば野菜料理。
根菜の煮物や、きんぴら、野菜サラダも
器との相性は抜群ですが、
縦長に切って、ローストしたズッキーニや、
くし型ではなく、水平に半分に切り、皮付きでローストした
玉ねぎに、大匙にたっぷりの粒マスタードやマヨネーズを
添えたりすると、またまた器の表情が変わります。
野菜をちょっと上に置いたり、ちょっと右にずらしておいたり
することで、ちらちらっと絵が見えて、
どんなふうに余白を作っていくか、盛り付けを考えるのも
楽しいはずです。

展覧会の初日と翌日、藤塚さんは在廊されていて、
夜、料理家の伊野由布子さん(お姉さんみたいな方)と
七草にご来店!。
お二人とも大のお酒好き。(いや~、凄いなぁ笑) 
伊野さんからおいしいお酒の差し入れを頂き、
営業後ご相伴させていただきながら、
あれやこれや、なんやかんや、
話が盛り上がり、
楽しい時間を過ごしました。

●藤塚さんの展覧会は3月19日まで開催されています。

アールドゥ 嘉土
杉並区荻窪1-56-8
03-3391-2444
11時~19時(日曜日休み)

お時間があれば、是非おでかけください。

下の写真は藤塚さんのしのぎの湯飲みです。
(染付の器は光が反射してしまい、うまく写真に撮れませんでした涙)
展覧会では、染付以外の器も展示されています。

柿の葉茶



現在、干しやさいに奮闘中です。

昨年の春、ご近所に住む常連さんの庭には柿の木があるときき、
柿の葉寿司を作りたいとお話したら、
「お~、いいねぇ。柿の葉持ってきてあげるよ」と。
初夏のある土曜日、青くて柔らかな葉がたっぷりとある枝を
数本頂きました。

早々に葉を掃除して、寿司飯をつくり、
魚をしめて(鰺でした)・・・と、柿の葉寿司を作りました。

さて、お寿司にはちょっと大きすぎたり、小さ過ぎる葉が手元に残り、
せっかくなのに、捨てるなんてもったいないし、
さて・・・、どうしよう?

干しちゃうか?お茶できるかもー。

見事にできました!自家製の柿の葉茶。
からからになるまで、4-5日干し、
飲む前に鍋で乾煎りして煮出します。
何とも言えぬいい香りです。

頂いた方には、
柿の葉寿司とともに、
干した茶葉と、煮出したお茶をお届けしました。

茶葉は今も保存できています(一番手前)。
飲む直前に乾煎りします。

お茶つくりは個人的にテンションがあがります。
びわの葉、どくだみなどなど。
作りたいのは「クマ笹」。
実家近くの道路沿いの奥の藪に先日発見したのです(ふふふ・・)

野菜以外にも、干し甲斐のあるアイテムはたくさん!

柿の葉、今年もねだろう~!

2011年 3月の掲載誌

●四季の味   (3月7日発売)

七草の春の献立をご紹介しています。
7ページ程頂きました←なんて大盤振る舞いな!凄いな~、四季の味さん。
(本来は椀飯振る舞いって書くらしい。まぁ、ここでは深く触れず)

●暮しの手帖51号 (3月25日発売)

「エプロンカタログ」にて、お気に入りのエプロンを紹介しています。

私のお気に入りのエプロンは、現在七草で着用しているエプロンです。
昨年6月から使用しています。
七草の制服は開店時からすべてオリジナルです。(←ちょっと自慢で得意げ)
こちらのお話はまた後程詳しく。

(にしても、靴下の色は失敗した。)

●やさいの友vol2 (発売日要確認。3月なのは確か)

「やさいの薬箱」にて、秋野菜を使ったレシピを6品ご紹介しています。

 ・にんじんと干し柿のマリネ
         ・・・干し柿とオリーブオイルとワインビネガーの組み合わせ ←大好き。
 ・蓮根と菊の花の煮びたし
         ・・・花を食す。いいものです。大好きなAstier~の器に盛りこみました。
 ・里芋 銀杏 むかごの辛子ごま和え
         ・・・甘味を加えない和え衣のシャープさ。野菜の味がぶれないですね。
 ・大豆 鰤 ドライトマトのスパイス煮
         ・・・鰤も時にはスパイスと。
 ・乾物おこわ  ・・・下記参照
 ・さつまいもの蜜煮・・八角を効かせて仕上げました。

乾物おこわは、干し椎茸と切干大根と木耳のみで炊きあげましたが、
切干大根の甘みがなんともいえぬおいしさを 作りあげていました。
乾物は凄い(涙)。簡単にできますので、是非作っていただきたい一品です。

春は料理家の冷水希三子さん、夏は美虎の五十嵐美幸さん、冬はなると屋典座のイチカワさんだそうです。
楽しみです。 

(撮影後の試食兼遅いお昼ご飯、旅トークに花が咲き楽しかった)
  
   

2011年3月のお休み

3月7日 14日 21日 28日 (毎週月曜日)
3月1日 15日         (火曜日)

となります。

よろしくお願いいたします。

お店のお休みは、
毎週月曜日に加えて臨時休業を頂くことがございます。
3月は火曜日に2日お休みを頂いてますが、
毎月どこかの火曜日がお休みとなることでは
ございません。臨時休業日はこちらのページで
お知らせいたします。

うさぎ年

2月4日の立春で、もう一度心新たにお正月気分。
毎年、干支の置物を探していますが、
なかなかしっくりくるものが見つからず、
数年が過ぎていました。

今年、見つかりました!

一刀彫のうさぎです。
あらあらしさもありますが、ともて気にいっています。
材質は楠。伊勢神宮の境内のものです。

にしても、動物の後ろ姿というのは、
どうしてこんなにかわいいのでしょう?
たとえそれが、置物であっても・・・です。
ぐっときます。(さすりさすり)

冬と春が出会う頃



冬やさいの芽キャベツ・プチベール
春やさいのスナップエンドウ
煮びたしに仕立てました。

2月は冬と春のやさいが出会う季節です。