7月のお休み

7月4日・11日・18日・25日   いづれも月曜日
7月16日 土曜日
7月17日 日曜日

16~18日は三連休いただきます。

よろしくお願いいたします。

ますみさんのアクセサリー



先日お伝えした
ますみえりこさんの展覧会情報のおまけです。

今回、アクセサリー等は展示されていないとのことですが、
こちらは2.3年前に購入したますみさんのネックレス。
草の糸で作られていて、ところどころにビーズがあしらわれ、
ペンダントヘッドに当たる部分に透明のトンボ玉があります。
糸の太さやビーズの数やあしらわれたピッチが絶妙。
長さもあるので、華奢めな短いネックレスと重ね付けしても
バランスがよいです。

以前、お仕事をご一緒させていただいたスタイリストさん、
撮影日にますみさんのネックレス(ちょっと異なるバージョンで、
ふわっとした鳥の羽がついていました)をされていて、
大いに盛り上がったこともあります。

飲食の仕事をはじめてから、長い間アクセサリー離れをしていました。
入店と同時にアクセサリーをはずすので、
身に着けているのは通勤時間とお休みの日だけ。
仕事の日はとったりつけたりしているうちに、
どこへ置いたかわからなくなったり・・・、の日々でしたので、
日常から少しずつ存在が消えつつありました。

けれど、このネックレスに出会ったとき、
ばーっと気持ちが高揚し、
「なんて素敵なんだろう!毎日身に着けたい!」と思いました。
一目惚れです。

あまりに好きすぎて、付け過ぎて、糸が擦り切れしまい、
昨年お直しに出しました。
再びますみさんの手により復活したネックレス。
今年の夏もお世話になるでしょう。

このネックレスとの出会いから、再びアクセサリーを身に着けるようになりました。
自分が好きなものを身に着けていたり、日常の近くにあることで、
気持ちが和らいだり、にこっと笑顔になったり、ちょっとうきうきしたり、
きれいだな、と思ったり、
そんな瞬間があることは、
いいものです。
身に付ける時間が長い・短いはあまり関係がないのだな、
と思うようになりました。

Herby plum syrop



日々、青梅を煮ています。
しとしと雨の湿度が高い季節、
甘く煮た青梅は目には涼しく、
口に入れれば清涼な酸味と甘みが広がり、
ちょっとけだるい体がすっきりとします。
どんどん青梅はなくなりますが、一方でその蜜(シロップ)は手元に残ります。
水や炭酸、ペリエやビールで割って飲むとおいしい。
今年はもっと自分好みにもうひと手間かけました。



クローブ・カルダモン・ローレル・マスタードシード・オールスパイス・シナモンの6種のスパイスと
レモングラス・ミント・レモンバーム・バジル・タイムの5種のハーブと生姜を加えて煮出します。
それぞれの個性が溶け合います。

個人的に、カンパリやドンブイなど薬草をたっぷり入れたリキュールが好きで、
仕上がりの方向はそちらを目指しました。
7月から季節のソフトドリンクで登場します。

今回入れそびれたスパイス・ハーブも数種あるので、
皆様に提供するときは20種以上のスパイスとハーブで
作りあげたものになる予定です。

是非飲んでくださいね。

6月のお休み:追加

19日(日曜日)お休みとなりました。

よろしくお願いいたします。

ますみえりこさん「草の糸」展覧会


ラ・ロンダジル ←詳細はこちらをクリック
6月18日(土)~23日(木)

2年ぶりに、神楽坂のラ・ロンダジルさんにてますみさんが
展覧会を行います。  
ますみさんは「苧(からむし)」という植物から繊維をとりだし、
自らの手で「草の糸」を作り、その糸から様々な作品を生みだします。 
過去の展覧会では、その糸を用いたアクセサリーも販売していましたが、
今回は「糸」「布」の展覧会になるそうです。

私事ですが、ますみさんと「再会」したのは数年前。
初めて会ったのは大学生時代のアルバイト先でした。
当時はバイトを辞めた後も付き合いはあったのですが、
お互い社会人となり生活リズムが変わったり、
引っ越しを繰り返したりしているうちに、
連絡が途絶えてしまいました。(当時はほとんど携帯は普及していませんでした。)

数年前のある日、私はちょっと予約をした場所へ赴き、
自分の順番が来るのを待っていました。
「ここに名前を書いてください」と
渡されたノートをみると「ますみえりこ」と書いてありました。
「えっ?」と、私の前にいる人を見ると、
明らかにますみさんが・・・。
おそるおそる声をかけると、ますみさんも、
「えっ?」という感じで、
お互いこの状況がすぐに理解できずにいたのですが、
「だよね?だよね?」と数秒繰り返した後に、
大絶叫!
なんと18年ぶりの再会でした。
こんな偶然があるなんて、
ほんとうに神様は気が利き過ぎです!

その後、
改めて近況報告をかわすと、
共通の友人知人もいるし、
職種は違えどとも、とても近い距離にいたことも判明。

七草にもご飯にきてくれたり、
外にご飯を食べに行ったりで、現在に至ります。

ますみさんに再会できたこと、
そして彼女の作品がこんなに素敵なこと、
本当にうれしく思います。

お時間あれば、ぜひ、足をお運びください。

青梅


梅仕事の真っただ中。
今月の甘味には青梅の蜜煮をご用意しています。

まんまるふくふくの青梅。
通勤途中の梅の木にたわわに実る姿、
鍋に入っている姿、とっぷりと蜜に使っている姿、
毎年の梅雨時、振り続く雨のちょっとうつうつとした気候も
結構いいものね、と思わせてくれます。
この時期のものですもの。

日々の仕事の
傍らには、実山椒や新生姜、ちょっと大きくなり過ぎた(?)
新茶葉、新もののごぼうや、新もののほそっくてきゃしゃな新さつまいも。

あ~、6月だなぁ~、と思います。

しっかり実が詰まってがっしりとした味わいになる前の
新ものの季節。
各々が香りたかく、瑞々しく、口にいれたとたん、
「ぱっ」と味がはじけます。
なのに、ちょっとはかなげな感じ。
香りでいうなら、トップノートでしょうか?
さわやかなフレッシュ感のある香りが、
ふっと鼻をかすめた途端に通り過ぎてしまう。
それだけに「今のは?」と香りが心に焼きつくような。

青梅はお店の入り口にも飾ります。
通った瞬間に梅の香り。
一瞬の出来事です。

6月の掲載誌

●料理通信7月号(6月6日発売)

4月にお伝えした被災地支援の応援産直市の模様が掲載されています。

当日、野菜や野菜を使ったお菓子やパン、じゃんじゃん売れていました!
御来場の皆様、ありがとうございました。

●きょうの料理7月号

リレー連載で、7月号8月号連続掲載です。
同じテーマで二人の料理家が異なる料理を
提案しています。
今月のテーマは「ヨーグルト」。
ヨーグルトとアボカドのスープをご紹介しています。

今月、同じページでご一緒させていただいたのは、
なかしましほさん。お菓子で有名な方ですね。
なかしまさん、先日ご来店いただきました。
とってもかわいらしくて、すてきな方でした!
お会いできてとても嬉しかったです。

いよいよ最終日!


代々木公園にて表紙撮り。
お天気にも恵まれ、本当によかったです。
とてもよい写真が撮れました。
よかったよかった。
デザイナーの藤崎さん、カメラマンの砂原さん、
すばらしいお仕事振りに、
感動です。

今日で撮影は一段落。
無事に終了し、ほっとしました。
どの日も本当に楽しくお仕事させていただきました!
ありがとうございました。

まだまだ製作は続きます。

撮影日


すかっとした気持ちの良いお天気でした。
撮影日和。
6日間に及ぶ本の撮影、5日目が無事に終わり一安心です。

ここ連日ぱっと晴天という日が少なく、
撮影に合わせて野菜がよいコンディションで干しあがるかどうか、
日々はらはら、そわそわ。
空模様見たり、湿度や風を肌で感じたりしながら、
「今日はいけるな・・」とか、「早めに撤収だ」などを繰り返していました。

朝あわてないように・・と、昨晩寝る前に撮影に持ち込む干した野菜を準備。
ベランダ近くにあるもの、冷蔵庫で保存されているもの、キッチンでビン詰されいるもの、
新聞紙に包まれて棚にあるもの、などなどが、
一驚にキッチンに集合。ひとつひとつは多くない量ですが、集まれば結構な数と「香り」。
今回は長期保存を目的に大根・人参・ごぼう・しょうが・かぶの葉・大根の葉・小松菜も干したので、
それら「しっかり干し」の野菜から各々の甘い香がたっていました。

随分干したなぁ、随分香るなぁと、深夜にぼんやり干し野菜を
見つめる姿は多分、ちょっと怖い。

宗 誠二郎さんの個展



HB GALLERY6月3日(金)~8日(水)

今回も素敵な展覧会です。
宗さんのイラストはポップで元気。
今回はかなぶんやテントウムシが登場しています。

NHK教育の楽しいパペット音楽バラエティー
「クインテット」や「フックブックロー」の音楽家たちは
宗さんの手がけるものです。

今回、とってもとっても気に入った絵があり、
購入決定です。
早く来ないかと、うきうきです。

壁に好きな絵がある。
それだけで空間の気配ががらりと変わり、
なんともいえない贅沢な心地よさが加わります。

宗さん、いつもありがとう。

Next