わらび餅



京都・洛叉庵のわらび餅。 
とろーり、びよーんと伸びがいいのに、
食べるともっちりと歯ごたえがある!
おいしくてびっくりでした。
予約制のこのわらび餅、
一緒に今お仕事をしている編集者さんが、
京都からの帰り道、届けてくださいました。
嬉しいなぁ。

ときめきながら、頂きました。
ありがとう。
ごちそうさまでした。

やさいの時間5月号(4月20日発売)

連載2年目に入った
やさいの時間・5月号は
実山椒とごぼうのフリットです。

そろそろ実山椒の季節ですね。
この時期ならではの、
ばちんとはじける、鮮烈な香り。

旬、ってよいものです。

夏の常備菜ー天然生活2013年7月号(5月20日発売)



夏の(野菜の)常備菜13品の撮影をしました。
保存は5~7日ほどです。
トマト・ビーマン・茄子・きゅうり・みょうが・パプリカなどなど。
上はパプリカとバジルのオイル漬け、
下は焼きズッキーニの梅干しマリネ。
冷蔵庫に常備菜が控えていると、
こころ強いです。




カメラマンの方が、ご自身の携帯で料理写真を撮っていると、
ここぞとばかりに同じように構えて撮ると、
自分でも結構素敵な写真が撮れたりします。
(でも、今回はぶれてしまいました・・)

試食前、携帯で料理の写真を撮る、ライター花沢さん。
後ろで花沢さんを見守るのは、
編集部田村さん。嬉しそうにおたま握ってます。

カメラマンの加藤さんのアドバイスに従い、
俯瞰で撮る、椅子を使う、を実践中。
がんばれ、花沢さん!

春のひかり -Dress7月号(6月発売)


自然光がよいね、と
テーブルを外に出しての撮影でした。

この春創刊したDressにて掲載です。
6月発売7月号「おもてなし料理」のページで、
数人の女性シェフと持ち回りで1年の連載です。

撮影後、料理写真をシールで頂きました。
嬉しい!

2013年6月の料理教室は5月15日にお知らせいたします。


4月9日10日、料理教室にご参加いただいた皆様、
ありがとうございました。
また、今回はお席をご用意できなかった方々、
また是非よろしくお願いいたします。

次回は6月のどこかの火曜日・水曜日に予定しております。
5月15日(水)に、詳細をこちらでお知らせいたします。

今回も、とても楽しい2日間でした。
ありがとうございました。

バルサミコ酢と米黒酢ーきょうの料理ビギナーズ6月号(5月21日発売)


先月から撮影が多く、いつにもましてもくもくと料理を作る毎日。
先週は、バルサミコ酢と米黒酢を使った料理を撮影した。
「酢」と一言で言っても、
ほんと、その種類によって持ち味が異なり、
そのお酢だからできること、できる味があるんだねぇ、と感心してしまう。
うま味やコク、酸味の「たち」が違うのだ。

穀物酢や米酢が主流の私たちの食文化にとって、
バルサミコ酢というのは、芳醇でうま味があって、
さらに洒落た感じで、素敵なお酢なんだけれど、
1本使いきるのには、結構時間がかかってしまう気もする。
気が付くと、「これ、いつ開封したんだっけな・・」って感じ。
(という話で、試食の時に盛り上がった)

ということで、バルサミコ酢の使い方も提案してみました。

きょうの料理ビギナーズ、7月号です。
発売が近くなったら、改めてお知らせいたします。