天然生活/やさいの時間

天然生活7月号(5月20日発売)

まるごと1冊、やさい料理の特集です。
とにかく、野菜・野菜・野菜!
野菜好きの方には、ぴったりの内容で、様々な方々が野菜料理を披露しています。
とても楽しい1冊です。
以前お伝えした、「夏野菜の常備菜」を4p13品、担当させていただきました。
出来るだけテマを省けるよう、漬物やピクルスは1日ほどかかる下ごしらえの塩漬けを15~30分に短縮し、
漬けこんでも(少々水がでても)味がぼやけないよう、
漬け汁の調味料のバランスを考えました。
夏は暑さもあり、できるだけキッチンで火を使わずに、
ちゃっちゃとごはんの支度をしたいもの。
加熱する料理もできるだけ時間を短縮できるようレシピを書きました。
(けれど、茄子と干しエビの煮物は、それなりの時間がかかります。
こればかりは、夏だから汗水惜しまずお作りいただけたら幸いです。
私は冷やしたこの茄子の煮物を一気に4本食べられるくらい、好きです)

やさいの時間6月号(5月20日発売)

連載15回目は、「加賀太きゅうりとエビの甘酢炒め」です。
加賀太きゅうりは水分少な目、炒めものにはもってこい。
きゅうりの爽やかな香りと色見、甘酢で絡めて是非お召し上がりください。

美story7月号(5月17日発売)

乾物料理4品、ご紹介させていただきました。
ひとつが、
切干大根とひじきの生春巻き、なのですが、
個人的にとっても好きな一品です。

しっかりと下味をつけた切干大根とひじきと、
青しそをライスペーパーでくるくるっと巻き、
たれをつけずに(下味ついているので)頂きます。

ライスペーパー、便利です。
さっと水にくぐらせて20秒ほどまな板やキッチンタオルの上に置き、
好きな具材をどさっと並べて、くるくるっと巻けばできあがりです。
(具材を置いているうちに20秒なんて、すぐ。)

私の中では、サンドイッチか生春巻きか?というくらい、
なんでもいれるようになってしまいました。
ミントやバジル、パクチー、しそ、など加えるとそれっぽくもあり。

邪道ですが・笑。

是非ご覧くださいませ。

ドウダンツツジ


頻繁に「この枝は?」とお客様に聞かれので、
ご紹介。

ドウダンツツジ
です。

小さな白い、かわいらしい花が
釣鐘状に咲きます。

黄色い花もツツジ、黄蓮華です。

紫蘭・都忘れ・コデマリ・オダマキ・エビネ
グリーンベル、などなど、
沢山の花が届きます。

あやめやタイ釣り草も、そろそろでしょう。

なんでも送れるのだなー、宅急便で。
と、感心しています。

すずらん


沢山のすずらんが、実家から到着。
ブーケになるほどに。
お店の入り口に飾っています。

この前を通るたび、
すずらんの甘く、すがすがしく、清らかなな香りが
ふわりと漂います。

なんてかわいらしいのだろう!
毎日、じーっと見つめたり、じろじろと花を観察したり、
鼻を押し付けて、思いっきり息を吸ったりと、
放っておけません。

今年もすずらんへの溺愛ぶりは健在です。

のし袋


4月の折形のお教室で、のし袋を作りました。
3月に作ったのしは、「真」
こののし袋は「行」。

のしは慶事での進物や贈答品に添えるもので、
今回は入学祝や出産祝いなどに使えるようにと、
水引は両輪(もろわな)結びにしました。
(結婚式では、水引は結びきり・淡路結びのように、ほどけない結び方です)

1枚の紙から作られているとは、
折形は、本当にすばらしいです。

同じサイズで同じ寸法で折ったはずが、
微妙に2つのサイズが違います。
水引は元気に踊っているかのよう。

不器用さを克服すべく、
折って結んで、ひたすら練習・・。