2014年2月の掲載誌(ただ今発売中)

●やさいの時間3月号

ローズマリーポテト

輪切りにしたじゃがいもを、
ローズマリーと一緒にじわじわフライパンで両面を焼きます。
外はかりっ、中はほっくりです。
ポーチドエッグを崩しながら、一緒に頂きます。

今回が、最終回です。
24回、2年間の連載、ありがとうございました。

楽しかったナア。

●天然生活4月号

「春のちらし寿司」

春にぴったりのちらし寿司を5品

①定番・ちらし寿司
②鯛のちらし寿司
③はまぐり寿司
④たけのこと蕗のちらし寿司
⑤手巻き寿司

春色満載に仕立てました。
ちらし寿司というのは、本当に華やかで、おいしくて、
いいものです。
是非、作ってみてください。
雛祭りも近いですね。

●料理通信3月号

「シェフに弟子入り」

もちろん、弟子です。

東北沢にある、エンリケ・マルエコスさんに
モロッコ料理2種、教えていただきました。

スパイスをふんだんに使っていると思いきや・・・。
その道にプロに聞く、というのは、本当にためになります。

ドライフルーツとスパイス使いを
教えていただきました。

またモロッコに行きいです。
そして、あれもこれも、沢山食べたい!
できるだけ早くに!

ゆき

yuki

今宵も降りました。

こんなに降っているのに、
お客様たちは笑顔でご来店下さり、
さらにはチョコレートまで頂いて、
今日一日がいつもと同じように無事に終わり、
ありがたい気持ちで一杯です。
皆さん、無事にご帰宅されましたか?
ありがとうございました。

ずっと工事中の小田急線ですが、
現場の皆さんは、今回も店の前をきれに雪かきしてくれました。
営業中、ふと窓の外を見ると、
再び店の前、さらには階段の踊り場まで、
さささっと雪掻きをしている姿を発見!
お客様がお帰りになる前に、雪掻きしなくちゃと、思っていた矢先でした。
なんて気が利くのだろう!素敵すぎる!
明日はお菓子を持ってお礼に行こうと思います。

「野菜の料理教室」番外編ーもっと知りたい素材の力ー豆腐

P36 ひりょうず

ひりょうず・ひろうす・がんもどき・・、などなど、
様々な呼び方をされる豆腐料理。
それにしても、不思議な名前。

がんもどき、の「がん」は「雁」?
精進料理にみられる「●●もどき」ーもどき料理の一つ、といも言われたり。
料理名で「●●丸」というのは、主に鳥類の肉を丸めたものだから、
「がん」は「丸」の意味もあったのかな~?と。

ひりょうずは、飛龍頭(変換ですぐでてこないけど)と書かれるのが一般的で、
銀杏は龍の目、百合根はうろこ、ごぼうはひげ、など、
具材そのものを龍に見立てたりもするし、
もとはオランダ菓子の発音が変換して「ひりょうず」になった、とも言われたり。

江戸時代には結構沢山の料理書が発行されていて、
「合類日用料理抄」という本には、ひりょうずは「菓子の部」に登場。
小麦粉か米の粉と、もちの粉をお湯で練って、卵黄をいれてすり混ぜて、
丸めて揚げて、氷砂糖を煮詰めた中にいれて作っている(らしい)のが
ひりょうず。随分と私たちが知っているひりょうずとは趣が異なる。

「茶之湯献立指南」には、崩した豆腐にせん切りのごぼうと麻の実などをまぜて、
丸めてごま油で揚げて、と書いてある(らしい)から、
これはかなり、現代に近い。
(さらに、揚げたら串に刺して唐辛子みそをつけて炙る・・と、続くのだけれど。
随分こった料理だな)

殆どの場合、料理の語源・由来は、
●●らしい~、という感じ。
現代のように、情報管理は徹底されていないし、ほとんどが聞書・伝書というものだから、
中々断定するのは難しい。

なので、

「へ~」くらいに読んでくださいね。

「七草は間違っている!」と、
どっかに書いたりしないで(書かれた経験有。笑)
あれれ?と思ったら、お知らせしてください。
色々教えてくださったら、とっても嬉しいです。

素材の力、から大分それてしまい・・。

ひりょうずを揚げる時のお話しを。

油はひりょうずがすっぽりかぶる程は必要です。
頭が出ていると、その部分だけ帽子をかぶっているみたいに白く、
ぽっこりとした形になります。

火が通ると、上にふかふかっと浮いてきます。
なのですが、
万が一、油の鍋底にくっついてしまったら・・・。

そんな時は、まず、7割方火が通り、表面が固まるまではそのままで。
慌てて、表面が柔らかいうちにはがそうとすると、
豆腐は崩れ、油を余分に吸い込み、形も口当たりも悪くなってしまうので。

表面が固まったかな?というくらいまでになったら、
フライ返し的なもので、くっついている部分をそっとつつくと、
簡単にとれて、ふかふかっと浮かんできます。

くれぐれも、力いっぱいやって、油がはねて火傷しないように気をつけてください。

冬のみどり

midori

お出汁に浸る、冬のみどり。

毎年のことななのに、
毎日のことなのに、
毎日思う。

きれいだなぁ。

野菜はいいな。
やっぱり、いい。

おいしいですね。
って、言葉を頂くたびに、
お客様と野菜に

ありがとうございます

って、
心から思うのでした。

野菜らぶ❤

2014年 ただいまの掲載誌

①やさいの時間2月号

にんじんとヒヨコマメのマリネ

にんじん、甘くなってますね。
これで23回目。
残すところ、あと1回

②サントリー金麦HP

夏に引き続き、金麦にぴったりの冬のお料理をご提案しています。
現在アップしているのが、

●焼き餅とたかなのそぼろあんかけ
●ぶり大根
です。

ぶり大根は、ぶりの下処理をしっかりすると
ぐんと味がよくなります。
ぶりのうま味をぎゅっと含んだ柔らかい大根、おいしいです。
たっぷり作って、翌日も食べましょう。