近隣の様子など

odakyu1<odakyu2

小田急線の工事もGW中。
工事はあと数年続くそう。
店の前の道路を挟んで向こう側、を工事していますが、
今年の7月~年末にかけては、
店のほんとに目の前が工事になる、と連絡が入っています。
通行用に1mほどの道幅を残して、2mほどの高さの壁も立つみたい・・・。

suzuran3

溺愛中❤

初夏の気配

suzurann2

来た来た!今年も、かわいいすずらんが!
仕事後の帰り道は、まだすこしひんやりとするけれど、
初夏の訪れを告げる花は、
元気に咲きだしています。

今年の1/3が、もうすぐ終わろうとしているとは、
なんて時が経つのは早いのか。

この一か月、とにかくよく働きました。
寝ても覚めても、仕事をしていたな、と思います。
営業のない日は、あちこちで
よく食べてよく飲みました。

食材など

tubu

うちらしからぬ、食材に囲まれる。
ちょっとAWAY感。

hoshishiitake

見慣れた食材に目を移す。
かなりのHOME感。

takenoko

仕入れたたけのこ、絶好調!

2014年4月の掲載誌

●dancyu 5月号(発売中)

「東京で十年」

春から始まった新連載で、5月号に七草が掲載されております。

この10年の間、様々な取材・撮影で
「七草、という名前の由来は?」
「野菜や乾物を主な食材にしている理由は?」
「なぜ、料理を仕事に?」
という質問は数多く受け、お答えしてまいりましたが、

七草の開店から現在に至るまでの「生い立ち」を
質問されたことが、実は、ありませんでした。

たっぷりとお話しいたしました。
開店当初、結構悲惨です(笑)
今、「あのころは大変だったなー」と
笑い泣きしながら話せることに、
感謝しております。

今後のことも、お話ししたら、
なんだかすっきりいたしました。

私は、この場では
料理こと、花のこと、掲載誌、に関することくらいしか、
書いていませんでしたが、

もっと、色々書いてもいいのかもなー、
と、ここにきてようやく思い始めたところです。

来月発売の雑誌でも、
同じように七草の生い立ちについて話しております。
こちらのお知らせは、また来月に。

やまぶき  ばいも

yamabukibaimo


来週あたり、私が一番好きな花が届くらしい❤

お麩2

fu3

お麩と春野菜のグラタン。
も少し、焦げ目をつけたかったけれど、
時間切れ。
fu4

食後はカスタード饅。
ふくふくまるまる。
かわいい❤

「おまんじゅうもかわいいけど、
 おまんじゅうを食べている人たちもかわいいですね」
と、料理教室の助っ人が言う。
ほんとだねえ~。みなさん、かわいらしかったですよ。

お麩たくさん。

fu1fu2

教室前のキッチン。

4月8日お教室に参加される方々へ

明日8日(火曜日)
店の前を小田急関係の工事が予定されておりまして、、
道幅が大変狭くなるそうです。

作業員の方々の誘導にて、
足元にお気をつけていらしてください。

夏から、本格的に大規模工事になるそうです。
工事、長いですね・・・・。

春のお椀

yomogi

春一杯のよもぎ豆腐のお椀です。

「よもぎ豆腐は買ってくるのですか?」と、
たまに聞かれます。

作ってます。

ぼけ

boke

ほんのり桃色。
かわいらしい。
名前が不思議。語源は諸説あり。

ぼけを飾る頃は、
ぼちぼち空豆のお椀を作ろうかな、と思う頃。

今のお椀はよもぎ豆腐にうす葛を引いたもの、
来週から、そら豆の湯葉巻、始まります。

Next