朔旦冬至

今日は冬至です。
昨日・今日は、ご来店の皆様に柚子をお土産に渡しています。

今年の冬至は「朔旦冬至」
はて?なんのことやら?

現在はグレゴリオ暦ですが、
その昔、日本(中国)は太陰太陽暦を使用し、
新月から次の新月の前日が一か月でした。
月の周期は約29.5日、それはそれは「カレンダー(暦)」を作るのは、
当時は計算が大変だっただろうなと思います。

どのようにカレンダーを作っていたか、
ざっくりいいうと、(本当にざっくり)

太陽年(現在の1年)を日数、あるいは太陽の黄道上の視位置によって24等分した
「二十四節気」というものがあります。24の節気に分けています。
立春、啓蟄、清明、夏至・・・などという、あれです。

そのうちの12の中気、それぞれを含むものを12か月にわりふってました。
「雨水」を含む新月(1日)から次の新月の前日は一月、その新月から次の新月の前日までは「春分」を含むから2月・・と続き、
「冬至」を含む新月(1日)から次の新月の前日までが11月、その次が大雪を含む12月、となり一年が終わります。

月と太陽、二つを相手にカレンダー作って、足並みそろうのか?と思うのですが、
やはり足並みはそろわない、
けれど1年という時間の長さは、きまっているので、
閏月など設け(1年13か月っていう、現在では摩訶不思議な一年)そのずれを調整します。
ほかにも、本来は一か月の間に一つの中気を含んで何月か決めるはずが、
二つの中気を含んでしまい、つじつまが合わなくなってしまうことも稀にあったようです。

「1年の起点となる、絶対の日を決めないと大変・・・カレンダーがずれたら大変」、

「じゃ、11月1日は冬至にしましょう。これ起点にしましょうかね」
となったようです。
(冬至は太陽の南中高度が最も低くなり(日が短くなり)、そこを起点に1年の始まりとしていたという背景があります)

実際には冬至を含む新月から次の新月の前日までが11月なので、
必ずしも1日が新月ではありません。
「一応、そーいうことで、よろしく」的な感じです。。
ですが、もちろん11月1日がぴたっと新月(1日)になる日がある。
これは19年に一度です。

「おおっ!今年は11月1日が新月じゃないか!やったね!まさに設定した暦通りでござる」
なのが、
今日の「朔旦冬至」です。

スピ系的には、始まり(冬至)と始まり(新月)が重なり、エネルギーの高まり的な感じのようです。

わたくし的には、
おぉ!暦すごいな、びしっと決まった!かっこいい!という感じです。

かなり話をはしょってますし、それでなくても旧暦の話は
どこかしら、むにゃむにゃした感が強いです。

なのですが、このお話しは19年に一度しかできそうもないので、
あえてむにゃむにゃしつつも書いてみました。

今晩は柚子湯に入りたいですね。

麩鍋

mizuna

七草にご来店頂いた方々は、このカレンダーをご存じかと思います。
「味の手帖」が、毎年発行している365日日めくりカレンダーです。
一日一食材をテーマに、マッキ―牧元さんが綴り、宗誠二郎さんが絵をかいています。

12月18日、「水菜」について。
文を読み進むと、七草の「麩鍋」のことが書いてありました!

毎日カレンダーをめくってくれているさやちゃんが気がつきました。

嬉しいです。

麩鍋をご希望の方は、ご予約の際お知らせくださいませ。
4品のお料理・麩鍋・雑炊・甘味
おひとり様5500円+8%
料金はいつものお任せの献立と同じです。

お問い合わせ、お待ちしております!

__ (114)

最近の煮びたし。

kyabetu

寒くなってから、農家さんから紫きゃべつ・黒きゃべつが頻繁に届くようになりました。
定番の「豚ばら肉と大豆の味噌炊き」に添えてご用意しています。

黒豆煮・柚子巻大根、
ご好評につき、
もう少しご用意することにしました!
ありがとうございます。
(詳細は12月5日更新をご覧くださいませ)

そろそろ黒豆の新豆が入ります。
夜なべして、コトコト煮炊きいたします。

発送は、お問い合わせくださいませ。
郵便振替となります。

メールでのお問い合わせ
nanakusakuromame@gmail.com
ツイッターでのお問い合わせ
@nanakusatokyo

七草のお正月、どうぞご自宅でお楽しみください。

haturi

今月のはつり盆のお料理は、こんな感じです。
くわいがおいしい季節になりました。

せりの根っこ

nekko

昨日、元気な根っこ付きのせりを入手。

葉は椀物に添えて、
根っこは干して煎じてお茶にします。

明日からの自家製のブレンド茶にいれよう。
ふわりとせりの香りがするお茶になります。

ちょっとフライングで来年掲載

定休日の今日は、朝からお店で撮影でした。
来年1月から乾物料理の連載がスタートします。
今日は4つの素材、4品の撮影でした。

乾物は、普段手に取らない方にとっては、遠い存在かもしれません。

思い立ったとらすぐ!には作れない
どれくらい戻すのが「正解」なのか?
他の使い方が不明
どれも醤油味っぽい
賞味期限はいつなのか?
なんだかしみったれている

などなど。
改めて書いてみると、そうだねそうだね、とも思います。

一方で使い慣れた方にとっては、いいとこ一杯の食材です
自称、「使い慣れた私」にとっては

ちょっとの量ですごく沢山になる
料理のバリエーションが結構ある(「干した野菜」「干した海草」だから)
色々な調味料と合わせることができる
保存期間が長く、ストックがきく
買い物の時、軽い!
おいしい!

今回の連載は、使い慣れない方々でも
「なーんだ、乾物って、こんなに気負わず使えるのかー!」と
乾物の使い勝手の良さ、おいしさをご紹介する、そんな企画です。

といっても、
戻す時間は必要です。
1分でふっくらもどせる魔法、は書いてないです。

自宅の使い慣れた調理道具で、作り慣れた工程で、ちゃっちゃと主菜となる乾物おかずを作ります。
どなたでもご存じの季節の食材を合わせれば、「時知らず」と言われている乾物料理も、
ちゃーんと季節感あふれる主菜になるのです。

今日の4品は煮物1種、炒め物2種 炊き込みご飯1種でした。
撮影の後、撮影チームとゆっくりと試食。
味付けもいろいろで、乾物食べてますって、乾物を押し付けられている感覚はなく
季節の一品一品を食べている感じでした。
でも、食べ終わった後には「乾物いいよね、偉いね、おいしいね」と。

地味に地味に、開店当初から乾物のおいしさと、そのポテンシャルを
沢山の方々に伝えたいなぁと思いながら、料理しています。

この連載で、乾物いいかも、と感じてくださる方々がいるといいな、と思います。

第一回目はあれです、
いつもの
「高野豆腐」
この人、すごいですからね。ほんとに。
スポンジみたいなやつ、とか言っちゃだめですから。笑。
ふるふるです。豆腐より、むしろ豆腐らしいくらいです。
脱スポンジめざして、私は何度だって高野豆腐レシピを書きますよー。

発売になったら、改めてお知らせします。
来年1月です。
一緒に乾物で主菜を作りましょう。

kuromameni

七草の「黒豆煮」。
瓶詰にてご用意です。

発送のお問い合わせも頂いております。
御希望の方はひとまずご連絡くださいませ。
詳細をお知らせいたします。

メール nanakusakuromame@gmail.com(七草黒豆をアルファベットで)
ツイッター@nanakusatokyo(七草東京をアルファベットで)

七草の「黒豆煮」「柚子巻大根」の年末販売

昨日お知らせいたしました黒豆煮と柚子巻大根の詳細をお知らせいたします。

毎年お節を考えながらも、中々実現できず・・・となっていますが、
今年は、黒豆煮と柚子巻大根をご用意できるに至りました。

黒豆煮の販売にあたり、改めて市販の黒豆煮を数々食べてみましたが、
「あれれ?黒豆ってこんなに甘いの??」と少し驚きました。
随分と七草の黒豆とは味わいがことなります。

これらの黒豆煮を基準にすると、七草の黒豆煮は味が薄く感じるかもしれませんし、
「真っ黒」でもないかもしれません。
黒豆本来の味とむっちりとした食感を残しつつ、お正月(お節)らしい上品な甘みに調えました。

柚子巻大根は、七草の冬の定番です。
輪切りの大根をひと干し、柚子皮を芯に大根でくるくる巻いて、
針と糸でネックレス状にして、さらにひと干し。
甘酢で漬けこみます。
とても地味な一品ですが、手間暇だけはかかっています。
これは、私が子供のころから食べ続けてきたもの。
「野菜をひと干し、きょうの一皿」にて、
一番最初の料理としても登場しております。

是非、来年のお正月に、この2品を召し上がっていただければ幸いです。

「七草の黒豆煮」

内容量:250g(黒豆150g)
価格 :1400円+税8% 
原材料:丹波黒豆 砂糖 醤油 塩
保存期間:10日(瓶詰にて真空にしておりますがお早めにお召し上がりください)

「七草の柚子巻大根」

内容量:110g(12~14本入り)
価格 :480円+税8%
原材料:大根 柚子 だし 米酢 みりん 砂糖 醤油 塩
保存期間:14日間(蓋付きフードパック入り)

***お渡しについて****

12月25日~29日の間店頭にてのお渡しとなります。
12時~16時
21時半~22時半
のお時間となります。
上記以外のお日にち・お時間をご希望の場合は、お知らせください。

***ご注文方法****
今回はメール・ツイッターメッセージにて承ります。
2日以内に返信いたします。

「お名前様」
「ご注文個数」
「受け取り希望日」
を、以下にお知らせください。

メール:nanakusakuromame@gmail.com(七草黒豆をアルファベットで)
ツイッター:@nanakusatokyo(七草東京をアルファベットで)

***以下、ご確認くださいませ***
・ご予約販売となりますので、キャンセルはご遠慮くださいませ。
・12月の繁忙期となりますので、お問い合わせはメール、ツイッターメッセージにて
お願いいたします。
・受け取り日のご変更をされる場合は事前にご連絡ください。ご希望に添えない場合は申しわけございません。

どちらも数に限りがございます。

お問い合わせ、お待ちしております。

Next