hamaguri2fukinabanawarabi3

はぁ~、美し。
しびれます。
ぷるぷる。

okazu

さくらがほぼ満開ですねー。
きれいだ、嬉しい、春だ、ちらし寿司だ!
の、七草です。

先週日曜日より、ちらし寿司はじまりました。
お供のおかずは、こんな感じに。
玉子焼き・揚げ物(たらのめ・こしあぶら)・たけのこ・ほたるいか・鴨ロース・蕗のとう白和え
です。
3種の予定でしたが、詰めてみたら一種の量がとっても多すぎて、
ほどよい量にしたら、おかずの種類が増えました。
(もっと、計画的に献立を考えます。すみません)

4日はすでにご予約分で完売です。
5日(日)は、「みどりのちらし寿司」をあと2つほどなら、
がんばって作れそうです。
どうぞご連絡くださいませ。

「桜の花」の塩漬けをお買い上げの方に渡しています。
お湯を注いで、さくら茶でおめし上がりください。

どんなに色を重ねても、
どんなに色のグラデーションを作っても、
日本の色にはどこか淡さがあって、
華やかさはあってもきつくならないから、不思議です。

私たちの身の回りには、
「淡さ」が沢山ある気がします。
風土や文化が育んだものなんじゃないかなぁ・・と
思う、早春です。

味覚もまたしかり、ですね。

いいもんだ。

2015年3月掲載誌③

cover_large

季刊「うかたま」
100号記念
100人の朝ごはん

沢山の方々の朝ごはん、載ってます!
私も(たいしたもの、食べてません)

うかたま100号です。
おめでとうございます!
ぱちぱち♪

ちらし寿司ー予約販売のお知らせ

暖かな日が続き、桜もすこしずつふっくらしてまいりました。

お花見時期に合わせたちらし寿司の予約販売をいたします。

御予約の開始は
3月21日(土)より。
03-3410-2993(七草)にて承ります。

お渡しは七草店頭です。
①3月29日(日)12時~16時
②4月4日(土)12時~16時
34月5日(日)12時~16時

御予約の際、ご希望のお日にちとお時間をご指定くださいませ。

ちらし寿司のほか、お供のおかずもご用意することにしました。
玉子焼きとふきのとうの白和えは決まったけれど、
あと一品、何にしようかな・と、常連のお客様につぶやいたところ
「揚げ物があるといいのでは?」とご意見を頂き、山菜を揚げることにしました!
確かに!いいですねー。ご意見ありがとうございました。
たらの芽かこしあぶらか?その日に入手できるものでご用意しようと思います。

年に一度のお花見企画、はじめてのちらし寿司販売となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

■みどりのちらし寿司
¥2000円+消費税
干ししいたけ・干ぴょう・刻み穴子の入った寿司飯にみどりの野菜。
一箱約2二人前のご用意です。

midorichirashi


■さくら色のちらし寿司
¥2800+消費税
あらに切ったうど・刻んだ木の芽のはいった寿司飯に
鯛の昆布締め・白髪うど・しらがねぎ
一箱約2人前のご用意です。

■ちらし寿司のお供3品セット
¥1000+消費税
玉子焼き・ふきのとう白和え・山菜のフリット
(写真がなくてすみません!近日アップいたします)
sakura

tubaki2

料理や和菓子の世界では、椿の季節は終わり、桜の季節となりましたが、
この時期も椿はきれいに咲いています。
身の回りの景色と足並みをそろえ、
七草では桜が咲くまでは、椿を料理にそえようと思います。
だいじょぶだいじょぶ、そんなに慌てなくてももうすぐ本当の桜が咲きます。

2015年3月掲載誌②

nanaoharu

●七緒 2015年春号
「七草のごちそう暦」

今月の食材は蕗のとう。

市場でもスーパーでも、八百屋でも、
愛らしい蕗のとうが並んでいます。

ひとパック買っても使いきれない・・・、
もったいないお話しです。
沢山、いろいろな使い方があります。

ぜひ、今年は蕗のとうをいっぱい料理しましょう。

是非ごらんくださいませ。

bento

お弁当を作りました。
春ですねぇ。

2015年2月3月の掲載誌①

●毎日が発見3月号
今月の乾物は「ひじき」です。
ひじき・ごぼう・豚肉の炒め物。
少ない材料で、フライパンでちゃっちゃとできます。
好きなおかずです。

●パンプキン3月号
常備菜16品
野菜で作る常備菜、乾物で作る常備菜・使い回しの常備菜、です。
使い回し~では、蒸した鱈のほぐした身をご紹介しています。
これ、結構使えます。
(鱈の料理、明らかに10月に訪れたリスボンでの食が反映されております。やりたがり、です。)

cakesare

蕗のとうと百合根のケークサレ
いちごの白酢和え。

撮り直しました・・・。

Next