2015年8月の掲載誌⑦ サントリー 金麦スタイル

金麦HPの連載でございます。

「蒸し茄子と豚肉の梅肉和え」

茄子は夏~秋がおいしいと言いますが、
皮ごととろりとおいしい茄子は、
もうすぐ終わる・・・と思っています。
秋になると、茄子は皮がはってきて、種が大きくなって目立つようになってきますね。

梅肉和えを作るときは、
減塩タイプより、しっかり塩の利いた塩分15%~の梅干しが、
おいしい衣ができると思います。
このくらい塩分があると、醤油や塩を加える必要はなく、
梅干しの塩味とうまみでしみじみおいしい。
塩やしょうゆを加えるよりも、まろやかな仕上がりになるな、とも思います。

減塩タイプの梅干しは、保存をよくするため、味を調えるため、
塩以外にいろいろな材料が加えられています。
ゆえに、甘酸っぱくて食べやすい(まろやかな)味になるのですね。
塩分を抑える食生活が必要な場合は、ありがたい食品です。

もし、
まろやかさ・食べやさで、減塩タイプを選ぶなら、
減塩梅干し1粒の代わりに、
塩のみで漬けた梅干し1/2粒に
はちみつをたらり~をお勧めします。
まろやかになりますので、是非お試しを。

2015年8月の掲載誌⑥ GLOW10月号

glowglow2

「秋の常備菜レシピ」12品
ご紹介しております。

写真左は、
きのこのパテ
鯖のリエット
さんまのコンフィ

こーいうのが常備してあると、
・・・いいですねぇ。
数日前から準備できるので、週末のホームパーティーなんぞにもってこい。
白ワイン・きりっと冷えた辛口の日本酒にもよく合います。

他、
にんじんとごぼうのクミン炒め
蒸し茄子のナムル
秋野菜と梅干しのピクルス
牛肉とごぼうの時雨煮

などなど多数。

クミン炒めは、きんぴらごぼう作る感覚で作れます。
時雨煮はお弁当にもぴったりです。

是非ご覧くださいませ。

2015年8月の掲載誌⑤毎日が発見9月号

mainichimaimichi2

「食の知恵・温故知新」
連載8回目は

「とろろ昆布」
です。

とろろ昆布、普段はどのように食べますか?

お吸い物
おにぎりに巻く
刻んだ野菜などに加えて和え物に

このような食べ方が多いかな?と思います。
おいしいですね、とろろ昆布。

今回のご提案は
・昆布締め
・カルパッチョ
をご紹介しています。

昆布締めは、とろろ昆布を広げてサクの魚をくるりと巻いて30分。
とろろ昆布を巻いたまま食べやすい厚さに切ります。
昆布のうま味たっぷりの昆布巻きが、手軽に廉価にできます。
とってもおいしいです。
さらには・・・。
昆布巻をさらに、1ランクアップのおいしさに仕上げるには、
ささやかな、小さなコツがあります。
こちらもご紹介しています。

カルパッチョは、もっと簡単!
食べやすい厚さにきった魚をお皿に並べて、
手でほぐしたとろろ昆布をふわふわっとのせて、
ドレッシングをかけます。
柚子ごしょうドレッシングもあわせてご紹介しています。

とろろ昆布は、廉価でおいしいです。
保存も利くので、あると便利です。

スーパーの棚に、多ければ3つくらいのとろろ昆布が並んでいることもあります。
裏の原材料のチェック。

昆布+酢
昆布+砂糖
昆布+甘味料+他

と、製品によって様々です。
砂糖や甘味料が入っているとろろ昆布は、少し甘めに仕上がります。
酢のみのとろろ昆布は、すっきりとしたうま味に仕上がります。

好みのとろろ昆布を使用してみてください。

定期的にお茶事の出張料理をさせて頂いています。
早いもので3年目を迎えました。

今年5月のお茶事の様子が取り上げられています。

こちらのお料理を担当させていただくことで、
どれほどの経験を積ませて頂いているのだろう、
どれほど、美しさに触れる機会を頂いているのだろう、
と、いつも思います。

是非、ご覧くださいませ。

●Art of living

干す

__ (114)

今朝は干してます。

かぼちゃ

kabocha

今年もお馴染みのかぼちゃです。

おいしいですね。
江戸崎かぼちゃが大好きです。

七草では出汁で煮炊きしていますが、
スパイスやココナッツオイル・ミルクで
ジャーッっと仕上げたかぼちゃを、
夏によく食べます。

最近のかぼちゃは、
甘みを加えなくても十分甘くておいしいです。

2015年8月 掲載誌④  金麦スタイルー太刀魚の生姜焼き

3年目をむかえましたた連載、
「金麦スタイル」にて、
太刀魚のしょうが焼きをご紹介しております。

太刀魚、出回っていますね。
塩焼きが定番の太刀魚ですが、
今回、酒としょうゆで生姜焼きに仕立てました。
しっかりと味が入るので、
常備際にも、お弁当のおかずにもぴったりです!

3枚におろしたりもしないので、
とっても簡単に作れます。
是非~!

梶の葉

kajinoha1kaji

「これは何の葉ですか?」と、お客様からの質問されることも多く
ご紹介いたします。

「梶の葉」です。

クワの一種で、大きなものは、柿の木くらいのまで、それ以上に背が高くなります。
夏の和食に添えられることも多いのですが、

梶の葉、といえば「七夕」。

その昔、
七夕の朝、里芋(蓮だったかな・・)の葉にたまった朝露で
墨をすり、梶の葉の裏に願い(昔は願いを詠った和歌)を書き、
天の川を渡る舟に見立てて、川にそっと浮かべて流したそうです。

ロマンチックな梶の葉です。

七夕は7月7日ですが、
国立天文台が定める「伝統的七夕」は今年は8月20日だそうです。
(太陽暦・太陰太陽暦とも異なる別の方法で算出するそう)

8月20日21時ころ、おり姫(ベガ)が頭の真上にきて、
彦星(アルタイル)も高く上るそう。
天の川が北から南へ横断し、おり姫と彦星の間に流れるそうです。

東京の空だと、天の川は見られないのが残念です。
空気が澄んだエリアでしたら、
夜空に繰り広げられる七夕ストーリーを見ることができるはずです。

楽しみですね。

冬瓜の下ごしらえ

tougan

おいしい季節ですね。冬瓜。

下ゆでして、水切り中。
この後出汁で煮含めます。

2015年9月 料理教室のご案内ー庄司いずみクッキングスタジオ

暑い日が続いておりますね。
今日はいつもよりは過ごしやすい感じがします。

さて、来月9月26日(土)、
庄司いずみさんのクッキングスタジオして
ベジタリアン和食の料理教室を行うこととなりました。

詳細・お申込みはこちらです。
●庄司いずみクッキングスタジオ
↑クリックしてください。

デモンストレーション・実習・試食となります。

献立は決まり次第アップいたします。

たっくさんの素晴らしいご縁を頂き、いずみさんのスタジオでの教室となりました。
ベジタリアン対応の教室は初めて、
お出汁も、もちろん動物性はなしです。

スタジオは
いずみさんのお人柄と一緒で、
広く・明るくとっても気持のよい空間です。
代々木上原駅から徒歩2分、駅からも近い立地です。

どうぞ、皆様ご参加くださいませ!

よろしくお願いいたします。

Next