2017年9月の掲載誌③ Ku:nel11月号


Ku:nel 11月号

七草をご紹介いただいております。
是非ごらんください。



島田順子さん、本当にかっこいいですね!

2017年9月の掲載誌②HERS10月号






HERS 10月号
「皿の上だけでは語れない美味しい話」

この数年、雑誌撮影は料理レシピをご提案することが多かったのですが、
最近はお店の取材も増えた気がします。
だいたいは、レストラン情報として普段ご用意している料理を
写真に撮って頂き、
住所や営業日、営業時間などが掲載されているのですが、
移転をきっかけに(たぶん)
料理について思うこと、七草について考えることなど、
今まではあまり聞かれることがなかったこと、
お話しすることもなかったことが、掲載される機会を頂いています。

今回「HERS」の掲載は、
七草を開店した15年まえからずっと私が大切にしていること、
を取材して頂きました。
ずっと変わらずに心に思うことですが、
なぜか、今まで聞かれることがなかったので、
お話しする機会もないまま、月日が経ちました。

とても簡潔に、わかりやすく書いていただいています。

是非ごらんください。

2017年9月の掲載誌①料理通信10月号

料理通信10月号

「麺レシピ」
麺・汁・具の3パーツで探求する!

麺好きの皆さま、朗報です!
今月の料理通信は麺特集。
ありとあらゆる麺を取材し、レシピ付きです。
巻頭は、ウーウェン先生も登場です。

七草は、伝統麺の

●奈良県の石州麺
●長崎の船崎うどん
●三重県の大矢知うどん

を手にとり、それぞれの麺の特徴にあわせて、
麺料理をつくりました。

いずれの麺も、しっかりと個性があって、
とてもおいしい麺でした。

是非、ごらんください。

詩と料理の夕べ「七つの草を束ねて」のご案内

『現代詩手帖』10月号(9/28発売)の特集「詩と料理」に、
白井明大の詩と前沢リカの料理による
作品「七つの草を束ねて」が掲載予定です。

これを機に、詩と料理の催しを開きます。

ちょうど十月六日は、旧暦八月の満月の日。
今年の十五夜は四日ですが、
昔は秋のお月見は、秋分に近い満月を眺めていたそうです。

仲秋の満月の暁に、
旬のごはんはお酒、お飲み物を召し上がっていただきつつ
旧暦や季節、旬の料理にまつわる話と詩の朗読を
心楽しむひとときを皆さまとご一緒できたら幸いです。
.
.
.

詩と料理の夕べ
「七つの草を束ねて」

日時 :10月6日(金)19:00開場 19:30開始

会場 :七草
151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷2-22-5
03-3460-7793

話  :白井明大 前沢リカ

参加費:5500円(お食事・お飲み物込み)
立食となります。店内の椅子にご自由にお座りいただけます。

 

皆さまのご参加、心よりお待ち申し上げます。

募集を締め切らせて頂きました。沢山のお問合せありがとうございました
******************************************************************************

白井明大(詩人)

詩作とともに、旧暦や季節にまつわるエッセイを執筆。

著書に詩集『生きようと生きるほうへ』(丸山豊記念現代詩賞)、

『日本の七十二候を楽しむ』『旧暦と暮らす沖縄』など。

白井商店として毎年「歌こころカレンダー」を制作。

http://mumeisyousetu.com
********************************************************************************


9月となりました。

さらさらとした風が袖を通る。
この爽やかさは、もう秋ですね。

虫の音も美しく、すっと眠りに入る夜、
夏の疲れがちょっとずつ取れていくようです。

料理も少しずつ秋へ向かっています。

新しいカトラリーが手元に届きました。

好きな器との出会いは、中々簡単ではないのですが、
カトラリーとの出会いはさらに難しい。
素敵なカトラリーを見つけても、数がそろわなかったり、
ちょっと大きい、ちょっと短い、ううーん・・・・・、となり、
長い間、カトラリー難民となっておりました。

少しずつ、ようやく手元にカトラリーが到着しています。

持ち手が細いので、少し重いかな?と感じたり、
持ちにくさも感じたりするかもしれませんが、
普段使いのカトラリーとは異なる感触を
楽しんでいただけたらいいな、と思います。