2020年4月4日5日のお持ち帰り

このお持ち帰りはすでに終了しております。

◎春の詰め合わせ
◎蓬豆腐
◎豆ごはん
◎ちりめんじゃこと蕗の炊き込みごはん

詰め合わせは折箱にご用意。
蓬豆腐、ごはんは、
是非ご自宅のお気にいりの器に盛ってください。
好きな実のお味噌汁をそえたら、
少し外食のような気持ちになれるかな?
七草に来たような気持ちになって頂けたらいいなぁ、
と思いながら、お作りしています。

七草のお持ち帰りは、あえて、
半分がごはん半分おかず、のお弁当ではない形でご用意しています。
この時期は、室内・ご自宅でお召し上がるになるはずなので、
最後の仕上げー味噌汁を作る、ごはんを炊く、温める・・は
ぜひ、皆さまの手で。七草のごはんを完成させてください。

蓬豆腐の温め方、食べ方など、
献立に記載してお渡ししております。

皆さまのお食事の時間が、
季節と共にありますように。

「お持ち帰り」のお知らせ

店舗営業休業につき、現在お持ち帰りをご用意しております。

こうしている間にも、
食材、野菜は春から初夏にむかう
きもちのよい季節を謳歌しています。

いつもなら、店内で
「春を満喫しました」
「初夏もちかいですね」という
お客様のお言葉を頂きますが、
今年はそうもいきません。。
生き生きと可憐な花を咲かせ、
空にむかって新芽をぐんぐん伸ばす野菜も、
皆さまのお言葉がきけないことを、
さぞ残念に思っているのではないか?と。

出来る限りの外出を控える時期ですので、
お持ち帰りのご案内をすること自体に
どうなのだろうか??と様々思い巡らせましたが、
ご自宅で、
七草でのお食事を楽しんでいただけたら、と思い、
お持ち帰りをご用意することにいたしました。

すでに、4月4日(土)より開始しております。

お持ち帰りを行うのは、七草にとっては初めてのこと、
様々な準備に追われ、こちらのHPでのご案内が
遅くなりました。
過去のお持ち帰りの内容は
インスタグラム
@nanakusatokyo
にて、ご覧いただけます。

どれほどのご来店があるかわからず、
また、お越しいただいたらすぐにご希望の品をお渡しできるよう、
ご予約制とさせていただいております。

今後は、インスタグラム、HPと同時にお知らせをいたしますので
内容をご確認の上、お問い合わせください。

食材の確保、また、今後の状況の変化もございますので、
先々の予定までをお知らせすることは難しく、
お知らせの掲載をした期間でのご用意と、
させて頂きます。

このような時期ですので、ご無理のない移動が可能な方々、
日常の行動範囲内でお越しいただける方々への
お知らせとさせていただきたいと思います。

どうか、皆さまが
七草のお持ち帰りをご自宅で召し上がることで、
季節の喜びを感じていただけますように。
少しでも、外食のような晴れやかな気持ちで
お召し上がりいただけますように。

七草ができること、静かに、小さく行っていきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

七草店主 前沢リカ

今後の営業に関しまして

いつも七草をご利用いただき、、誠にありがとうございます。

コロナウイルス感染拡大防止のため、現在店舗営業はお休みを
頂いております。

休業期間    4月2日(木)~5月6日(水)

尚、5月6日以降の営業に関しては、現在未定でございます。

皆さまが安全に生活を営んでいけることを一番に、
考えております。

再び、皆さまに七草で楽しくお食事いただける日を思い
過ごしてまいります。

七草 前沢リカ

2020年春の掲載誌「オレンジページCooking 春」


「春野菜料理帖」

さて、ぼちぼち春の野菜が出そろってきました。
春野菜は甘く、
時にほろ苦く、
そして香る。

春野菜を食すると、体の内側からすっと目覚めていくような。
そんな感覚を味わう方も多いのでは?と思います。
身体すっきりしますね。

写真は「春野菜と柑橘のサラダ」
他、新玉ねぎのパン粉焼き、春キャベツとあさりのたきこみごはんなど、
身近な春野菜で、存分に春を味わう8品をご紹介しています。

是非ごらんください。


桜が咲き始めました。
足元にも、かわいい春の花が顔をだしていますね。

野菜も花を咲かせています。

見てかわいい、食べておいしい。
食べるのちょっともったいない・・。
けど、食べます!

「詩と料理の夕べー桃の節句」のご案内

詩人の白井明大さんをお招きしての「詩と料理の夕べ」。
3回目となる今回、
「詩と料理の夕べー桃の節句」を開催いたします。

昨年の十三夜の会では、美しい十三夜の月が浮かぶ夜空を
皆さまと眺めた、楽しい会でした。
春のお料理をご用意し、白井さんに桃の節句のお話をしていただきたい、
と、ずっと思っていました。


白井さんより皆さまへのご案内を頂きました。

****************************
ぼくが初めて七草さんを訪れたのは
とある年の三月。
七十二候でいうと「桃始めて笑う」の候でした。

笑うとは、咲くを意味し、
つまり、桃の花が咲くころ、という季節にあたりますが、
まさに心に花が咲くような幸せな夜でした。

そんな三月の七草さんで、
桃の節句の話をさせていただけるのは
ぼくにとって、静かに喜びが湧いてくることです。

ほのぼのとして春の陽気が
しだいに感じられてくる中、
雛祭りの起原に思いを馳せたり
浜下りや踏青といった三月三日のならわしを紹介したり
桃の節句に寄せた詩のリーディングをしたり・・・

仲春を言祝ぐひとときを
皆さまとご一緒できましたら幸いです。
****************************


満席となりました。お問い合わせありがとうございました。

 

【日時】
2020年3月1日(日)   開場 : 16時30分  開始;17時

17時~18時ごろまで:白井さんのお話 詩のリーディング
18時~19時ごろまで:お食事

【会場】
七草
渋谷区富ヶ谷2-22-5
03-3460-7793


【参加費】
お一人様   7000円

季節のお料理・お飲み物をご用意いたします。
当日は立食となります。
店内には8脚ほどの椅子のご用意がございます。
お譲り合いのうえ、ご利用ください。


【本の販売】
2012年より、多くの方々に愛読されている白井さんの著書。
「日本の七十二候を楽しむー旧暦のある暮らしー」が、
2月末に増補新装丁で発売となります。
これを記念し、桃の節句の会でもご用意・販売いたします。
私はこの本を開くたび、人と自然の結びつきに改めて気づき、
四季豊かなこの国に生まれたことに、じ~んとします。
優しくやわらかな色彩のイラストが、この本の魅力をさらに高めています。
子供も大人も、家族みんなで楽しめる一冊です。

ぜひ、著書白井さんより手渡しで(サインしてくださるはずです!)お受け取りください。

「日本の七十二候を楽しむー旧暦のある暮らしー」
白井明大著
1700円+税



【お申込み方法】

メールにて承ります。

nanakusa0831@gmail.com

◎お名前
◎連絡がつくお電話番号
◎参加人数
*本のご予約も承ります。ご希望の方はお知らせください。

お書き添えの上、お申込みください。




皆さまのご参加、心よりお待ち申し上げます。



****************************
白井明大(詩人)

詩作とともに、旧歴や季節にまつわるエッセイを執筆。
著書に詩集『生きようと生きるほうへ』(丸山豊記念現代詩賞)
『日本の七十二候を楽しむ』『旧暦と暮らす沖縄』など。
白井商店として毎年「歌こころカレンダー」を制作。
「天然生活」webサイトにて「二十節気ことのはノート」連載中。

http://mumeisyousetu.com

*****************************





料理教室に沢山のお問い合わせ、
誠にありがとうございます。

次回は3月~4月に開催予定、
3月上旬に日程をお知らせいたします。

写真は、1~2月の教室でご紹介した、
冬のちらし寿司。
出始めの文旦をも具材に。
ちらし寿司に文旦を添えて、
改めて文旦のおいしさを知りました。





節分。

教室では、節分の煎り大豆をつかって、
グラノーラを作りました。
煎り大豆はそのまま食べるだけでなく、
いろいろな料理にできますね。
おいしいな。

2020年2月号きょうの料理「12か月のお弁当」 節分いり大豆弁当


2月は節分いり大豆弁当です。

◎いり大豆ごはん
◎いわしの生姜煮
◎春菊のナムル
◎りんごとかぶの柚子マリネ

節分の日、普段のごはんにもぜひ。


私お魚大好きで、お刺身も焼き魚もよく食べるにもかかわらず、
「甘く煮たお魚」というのは、
積極的に食べるタイプではなかったのですが、
今回いわしの生姜煮を久しぶりに作って、
あ~、お魚は煮てもおいしいなぁ~と
しみじみ思いました。


様々伺うと、自宅ではお魚よりもお肉の消費の方が
多い感じです。
お肉の方が手軽に手にとりやすい感じ、わかります。
作ってみようとは思っているんだけど、
中々手が伸びなくて・・・という方であれば、
この生姜煮は、お鍋一つでぱぱっとできるので、
おすすめです。
節分だし、いわしだし・・と、
腰をあげる
きっかけにしてしまうのも手かな?

是非ご覧ください。

2020年1月 サントリー金麦スタイル

1月掲載分2つです。

1月のテーマ、一つ目は「さつま芋」

◎さつま芋のブレッドプディング
甘味はかなり控え目、さつま芋入りのブレッドプディング。
ベーコンの塩みが効いた、おつまみ系です。
ベーコンの代わりに、輪切りにしたソーセージをいれてもおいしいです!
ボリュームがさらにでます。

2つ目のテーマは「ぶり」

◎ぶりしゃぶ

しっかりと脂がのったぶりは、しゃぶしゃぶに是非。
自家製ポン酢の作り方も一緒にご紹介してます。
ぶりのコクとポン酢のさっぱり、この組み合わせは抜群にいい。

是非、おためしください!

Back
Next